精神障害者の転職は難しい?転職エージェントに本音を聞いてみた

障害者の転職は、健常者と比較すると難しいのが実情です。特に精神障害は、身体障害に比べて求人も少なく、仕事のバリュエーションも少ないのが実情です。

そこで今回、障害者の転職活動をサポートしている「エラビバ」に所属する現役エージェントの情報をもとに、「精神障害者の転職活動のリアル」について解説します。

精神障害者の転職活動は非正規雇用が多い?

冒頭でもお伝えした通り、転職活動の難易度は「障害の種類」によって異なります。一般的に内定を得やすいとされている順に並べると、「身体障害」「精神障害」「発達障害」「知的障害」です。

なぜこうした順になるのでしょうか。それは、軽度の身体障害者が、健常者とほぼ同じ仕事を遂行できる場合が多いことに起因します。

一方、精神障害は目に見えないので、症状の判断がしづらいのです。また、再発の恐れがあるので、企業側からすると採用しづらいという側面もあります。

さて、上述したハンディキャップを乗り越え、内定をもらったとします。そこで気になるのが、「正社員になれるのか」です。

結論から言うと、軽度の身体障害者は、障害を持っていない人とほぼ同じ仕事をできるケースも少なくありません。そのため正規雇用のチャンスは十分にあり、特に大手企業では、軽度の身体障害者を積極的に採用している会社もあります。

一方、精神障害を持っている方が正社員になることは、身体障害者に比べて難しいとされています。精神障害者にとっては「自分にとってストレスになる仕事を徹底的に避けること」が大切であり、その結果、障害を持っていない方との仕事内容に差が出てくるからです。

そもそも、精神障害を持っている方に求人を出している企業は、あらかじめ障害者向けの仕事を用意していることが多いのが実情です。

精神障害者の転職を成功率を高めるテクニックと企業の選び方

ここまでは「精神障害者の転職活動のリアル」をお伝えしてきました。少し厳しい現実をお伝えしたので、これからの転職活動に少し不安を覚えた方もいるかもしれませんね。

しかし、「絶対に内定が出ない」というわけではありません。ここからは、編集部と現役エージェントが、精神障害と上手に付き合いながら転職活動を成功させるためのヒントをご紹介します。

転職活動のコツ

①思い立ったらすぐ転職

意外かもしれませんが、現在勤めている職場に耐えられなくなったら、早く見切りをつけて転職することを推奨します。

職場に籍を置いたまま休職をすると、転職活動の際に、企業から「休職期間中はずっと体調が悪かった」とみなされ、かえって不利になるからです。

②面接の際に「自己紹介シート」を提出する

対人スキルに不安がある方は、面接の前に「自己紹介シート」を用意し、面接官に渡しましょう。自分はどのような障害を持っていて、どのような仕事ができ、どのような仕事ができないのかを事前に伝えておくのです。そうすることで、もし面接中に言いたいことが伝えられなくても、「自己紹介シート」が補足してくれます。

③就労継続支援施設で働く

今すぐ民間企業で働くのは厳しいと感じている方は、「就労継続支援施設」で働くのも一つのです。

就労継続支援施設は、仕事に使える知識や能力はもちろん、ご自身の障害を踏まえた体調管理の仕方など、継続して働く力を身につけられる場所です。障害者手帳の保持者や、専門家から認定を受けた18歳以上65歳未満の方なら誰でも利用することができます。

A型とB型に分かれており、A型の場合、施設と雇用契約を結ぶため、最低賃金以上の給与で働くことができます。そのほかに、就職活動のサポートや、就職後の定着支援も受けることができます。

企業選びのコツ

ただ、いくら小手先のテクニックで内定を得たとしても、その会社がその人にマッチしていなければ転職活動が成功したとはいえません。

そこで、これから転職活動を行うみなさんには、「自分にとってストレスになる仕事を避けられない会社は、絶対に選ばないこと」を覚えていてほしいと思います。

たとえば、過去には「事務職と聞いて入社をしたところ、業務内容がテレアポばかりでストレスを感じた」という事例がありました。障害を持っていない方からするとなんてことのない仕事が、障害を持っている方にとってはストレスの種となことがあるのです。

あらかじめ具体的な業務内容を聞き、自分にとってストレスになる仕事は徹底的に避けることが大切です。

また、2020年7月現在はコロナ禍のため難しいかもしれませんが、WEB説明会やWEB面接の印象だけで入社を決めず、必ず社員に面会しましょう。特に大手企業の人事担当者は、依頼すれば条件面に関して対面で説明してくれることも多いのです。

精神障害者であることを隠して転職活動は可能?

「障害を持っていることを隠したまま転職したい」という声も少なからず聞きますが、結論から言うと、制度上は可能ですが、おすすめはしません。

精神状態は目に見えないので、自分から伝えなければ、配慮が得にくいからです。障害を持っていることを隠したまま一般雇用で企業に入社すると、ストレスの要因となる部署異動や人間関係の問題を避けられない状況が出てきます。その結果退職を繰り返してしまうと、30歳を超えたあたりからキャリア構築が難しくなっていきます。

前章でもお伝えした通り、とにかく精神障害者の転職活動において大切なことは、ストレスの原因を徹底的に避けること。精神障害が完治することはないとされているので、新しい職場でのストレスが再発の引き金になりうることを忘れてはいけません。

一度再発グセがつくと、転職をするたびに「次の会社でも同じことになるのではないか」と不安を抱えるようになり、それがまたストレスになる悪循環が起きます。

実際に、転職活動をしている精神障害者の大半が、給与の高さよりも職場環境を重視しています。そもそも会社のパワハラが原因で鬱になった人も多いので、特に「職場の人間関係が良好かどうか」は大切な基準の1つだ。また、生活リズムの崩れもストレスにつながるので「残業がないかどうか」も重要だそうです。

アズ・イズでは、過去に障害者手帳保持者であることを内緒にした就職(転職)のメリット・デメリットという記事を出しています。精神障害に限らず、障害を隠して一般雇用で入社することで生じるメリットとデメリットについて詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

以上が、精神障害者の転職活動の現状と、転職成功率を上げる方法です。

繰り返しにはなりますが、とにかく精神障害を持つ方にとって一番大切なことは、ストレスの原因を徹底的に避けること。本当の意味で転職活動を「成功」させるために、あなたが一番ストレスを感じずに働ける環境を選んでください。


エラビバへの
ご登録はこちら
シェアする
新着記事をもっと見る​