障がい者手帳保持者であることを内緒にした就職(転職)のメリット・デメリット

障がい者手帳を保持している方の中には、給与や人間関係の観点から「障がい者雇用枠ではなく、一般雇用枠で働きたい」と思っている方がいらっしゃると思います。

そこで、アズ・イズ編集部は「障がい者手帳保持者であることを内緒にした就職(転職)のメリット・デメリット」についてリサーチ。

「そもそも障がい者手帳保持者であることを内緒して就職(転職)することは可能なのか?」から、職場に障がいを持っていることを内緒にして働くメリットとデメリット、あで、まとめました。

障がいを持ちながらも一般入社をした方の「リアルなエピソード」も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

障がい者であることを内緒にしたまま転職することはできるの?

障がい者手帳をお持ちの方の中には、諸事情から、障がいを持っていることを内緒にしたまま就職活動(転職活動)を行いたいと考えている方がいると推察します。

結論から言うと、障がい者手帳を持つ方が一般雇用の枠で入社することは、法律上何も問題ありません。障がいがあることを言いたくないのなら、言わなくてもいいのです。

ただ、毎日通う職場に対して秘密を持つことは、想像以上に精神的負荷がかかるもの。それでも障がい者手帳保持者であることを伏せるメリットは、どのような点にあるのでしょうか。

障がい者手帳保持者が一般雇用枠で入社するメリット

給与が高い

厚生労働省の「平成30年障害者雇用実態調査」に、平成30年5月の障がい者の平均賃金が掲載されています。本データによると、身体障がい者は約21万5千円、知的障がい者は約11万7千円、精神障がい者は約12万5千円、発達障がい者は約12万千円が平均月収となっています。

一方、同じく厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、一般雇用枠の労働者の平均年収は306万5000円、月収に換算すると約25万5千円です。障がい者雇用と一般雇用の間で賃金に大きな差があることが分かります。一般雇用枠として採用されるだけで、給与水準が大きく上がるのです。

採用の間口が広がる

企業には「法定雇用率」が定められており、規定の人数を障がい者雇用枠で採用することが義務付けられております。2021年4月には法定雇用率がさらに引き上げられる予定ではありますが、それでも全体の従業員に対し、たったの2.3%です。必然的に、募集先の職種も人数も限定され、高倍率の競争になってしまいます。

「障がい者」という先入観を持たれなくて済む

障がいを持つ方の中には、自分の障がいに対し、周囲から過剰な気遣いをされ、複雑な気持ちになった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。周囲の人は善意で行っているつもりでも、ときにその気遣いによって、自身のチャンスが減っているように感じることがありますよね。

しかし、自身が障がい者であることを明かさなければ、周囲が自身に対して先入観を持つこともありません。フラットな目線で評価してくれるでしょう。

以上が、障がい者手帳保持者が一般雇用枠で入社する場合に考えられる、主なメリットです。

障がい者であることを内緒にしたまま転職するデメリット

ここまでは、障がい者手帳を保持する方が一般雇用枠で転職するメリットについてお伝えしました。しかし、リスクやデメリットもあります。ここでは「障がい者であることを内緒にしたまま転職する際のデメリット」について取り上げます。

障がい者控除が受けられない

後に詳しく説明しますが、会社に障がい者であることを内緒にする場合、年末調整の際に「障がい者控除」の欄に記入することができません。そのため、障がい者控除によって免除される、その年の所得税27万円、翌年の住民税26万円を通常通り支払う必要があります。
国税庁「障害者と税金」より)

通院のための日程調整が難しい

障がいを持っている方の中には、医師から定期的に通院をするように言われている方も多いと思います。またそうでなくても、突然体調が変化し、病院へ行かなくてはならない場合もあるでしょう。

そうした観点から、障がい者雇用枠で入社をした場合に限り、通院のための制度を設けたり、急な遅刻や欠席にも柔軟に対応してくれたりする企業が少なくありません。

しかし一般雇用枠の場合は、やむを得ない事情があっても、突然休暇を取得するのが難しく、周囲の理解も得にくい。適切な説明をせずに急な欠席や遅刻を重ねた場合、周囲からの心象も悪くなってしまいます。

助けてほしいときや苦しいときに声をあげられない

以前、ご自身の障がいを内緒にして働いていた経験のある方が、こんなことを仰っていました。

今でこそ障害をオープンにしていますが、以前は手帳すら取得していませんでした。ファーストキャリアも一般採用で入社しています。ただ、障害をオープンにしなかったばっかりに、退職してしまいました。

“制服を着て、パンプスでカツカツ音を立てて歩く”、いわゆるOLとして勤務していたのですが、やはり苦労する面が少なくなくって。障害を持っていることに気づかれないよう、特注のパンプスを履いていましたが、歩くだけでも大変なんです。次第に、みんなと同じように働くことが辛くなってしまいました。—— 障害を受け入れた私と、受け入れられなかった私


上記のように、周囲が自分の障がいについて知らない場合、日常生活で不都合が生じても声を上げづらいという問題が発生します。そのためアズ・イズ編集部では、ご自身の健康状態や体調に関して特別な配慮が必要である場合は、障がい者雇用枠を利用することを推奨しています。

自分にあったワークスタイルを選ぶことが、幸せに生きる第一歩

以上が「障がい者手帳保持者であることを内緒にした転職のメリット・デメリット」です。障がい者雇用と一般雇用の間に、待遇の面で差があることは事実ですが、障がい者雇用はその人が持つ障がいに合った特別な配慮を受けることができます。

逆に言えば、特別な配慮がいらないのなら、たとえ障がい者手帳を保有していても、一般雇用枠で転職活動をすることは全く問題ありません。ご自身の身体と相談しながら、自分に合う方を選んでみてください。

シェアする
新着記事をもっと見る​